ママ活でお小遣い稼ぎ

ママ活でうまくいくための工夫

ママ活を知ったきっかけママ活でうまくいくための工夫努力すればするほど結果がついてくる

初めからお小遣い目的だと思われるのが嫌で、自分を良く見せるようなプロフィールを書いていましたが、それでは活動につながる女性には出会うことができないと気づき、自己紹介文を練り直しました。
直接的な言葉は使いませんでしたが、大学生で金銭的に困っているのでサポートしてくれるような優しい女性と出会いたいですというような文章や、その分たくさん楽しませられるように頑張りますというような意気込みを書いてみたところ、何人かの女性から連絡が来て、そのすべてがデート代や食事代を支払うから一緒に遊ぼうというものだったのです。
お小遣いをくれるという人はいませんでしたが、それでも食事を奢ってもらえるのであれば有難いと思いデートを行うことにしました。
そうすると、デートした人たちは食事代だけでなく、欲しいと言ったものをプレゼントしてくれることもあり、このときはお金をもらうことはできませんでしたが、とても嬉しかったのを覚えています。
アプリで出会った女性とデートをすれば食事を奢ってもらえたり、プレゼントをしてもらえるので、数人の女性と定期的にデートをしていました。
すると、2か月ほど経ったある日、ひとりの女性がお小遣いをあげるからやりたいことに付き合ってほしいというお誘いをしてくれたのです。
お誘いの内容は伏せますが、彼女のお願いを叶えることによって、1回のデートで1万円ほどもらうことができるようになったのです。
そのような出来事があってからは、とりあえず数か月デートをしてみて、お小遣いまでくれるようになったら継続、あまり奢ってもらうことができなければフェードアウトすることを繰り返していると、お小遣いをくれる女性数人と関係を続けられるようになりました。

初めまして^^
ママ活募集します
凍結したのでやり直しー

お仕事は製薬会社でMRやってます。

お金には余裕あり。


出張で日本中飛び回っているので
ご支援希望者はDMまで\( ・ᴗ・ )

【条件】
・フォロー
・リツイート

お一人ずつDMで返信します#裏垢女子 #ママ活 #エロ垢 #オフパコ pic.twitter.com/LHqg381ofQ

— 由美 (@yumi34m) 2019年7月5日

ママ活 | 「ママ活」の意外な実態、東大生男子に地味め主婦が多い理由 | ニュース ...